インテリアミュージック・アンビエント環境音楽「kaito」

  • LINEで送る

空間に欠かせないものが「音楽」ですよね。

私は、川のせせらぎや、小鳥のさえずり、葉っぱがゆれて重なる音、風の音、雨粒が葉っぱを濡らす音、、、あらゆる自然界の音が音楽と思っています。

私の育ちが、山深く、川と田んぼしかない深い田舎に育ったからかもしれません。

だから、色んな音楽を聞きましたが、アンビエント(環境音楽)に惹かれるのかもしれません。

皆さんそれぞれにお好きな音楽があると思います。

私は個人的に「いつも空間に自然に漂っていて、決して邪魔にならない音楽」を好みます。

  • 仕事や作業中の音楽。
  • お客様を招いたい時に空間に自然に漂う音。
  • お気に入りの珈琲やお茶を楽しむ時に流れる音楽。

そんな音楽を中心に、エレクトロニカやアンビエントを中心にご紹介していこうと思います。

今回は、私が最近自宅で作業・仕事をする時に流しているアーティスト「Hiroshi Watanabe」さんが、ご自身の愛息の名義「kaito」として発表された中から「And That Was the Way」。

朝焼けの赤色と、明け方の少し薄暗い青色が混ざる頃に、そよそよと吹く風のように、とても透明感があって、広がりのある、綺麗な音楽です。

 

お気に入りいただけた方は、apple musicでフォローしてみてください。

関連するようなアンビエント、エレクトロミュージックをapple musicがどんどん提案してくれます。

それでは、今日はこの辺で。

 

IMG_5635

 

 

5D interiors(ファイブディー・インテリアズ)

パーソナル・インテリアコーディネーター/風水本鑑定士

HP/ www.5d-interiors.com

FB/ https://www.facebook.com/shuhei.fukumoto.5

福本 修平


  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。